AKIRAのドラマノート › 秋ドラマ(2011 › 「相棒ten」第5話

2011年11月16日

「相棒ten」第5話

第5話の感想 

劇場版1作目の守村やよい!

ジャーナリストの卵になったのね。

見た目良い人そうでも明らかに怪しいがな!

忘れた社員証を届ける。
そんな人は存在しないと門前払い。
電話も繋がらない。

ホテルで事件が起きていた。

調べる。

なるほど。

野党の有力議員,最低!

ブレイブスタッフも・・・。


実際に起こりそうな事件やなぁ。


被害者の心の叫びを伝えるジャーナリストになってね。


劇場版1作目の後日譚といった感じで面白かった。


守村やよいも「相棒」の常連になってほしい!



放送:テレビ朝日 2011年11月16日

公式サイト 


初回 2話 元日SP 最終回





 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(秋ドラマ(2011)の記事
 相棒ten (2012-01-02 10:47)
 妖怪人間ベム (2011-12-25 11:02)
 家政婦のミタ (2011-12-22 10:56)
 南極大陸 (2011-12-19 10:24)
 専業主婦探偵 私はシャドウ (2011-12-17 10:37)
 家政婦のミタ (2011-12-15 10:52)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。