2013年09月12日

Woman

最終回の感想 

小春ファミリーが末永く笑顔で暮らせますように。

切に願う。


親子の思いやりこそが生きる礎。



最終回はまぁ安堵したけれど・・・

毎回、描かれる現実味満載の世界はどこかワイドショー的な、
興味本位の他人事感に溢れていて好きじゃなかった。

優しさを感じない。

女性達を応援する気持ちが見えてこない。


夫を事故で亡くし2人の子供を抱える青柳小春。
生活の過労の末、生活保護申請。体調不良、再生不良性貧血の診断。

実母の紗千とは20年間絶縁状態。
紗千の再婚相手は健太郎。その娘、栞は小春の夫の死に絡んでいた。

歪んだ気持ち。
困窮の暮らし。
ネグレクト。
見えない贖罪。

はぁ、しんど・・・。

ツライねん!

後悔と悲しみばかりで気分が滅入るねん。


実際の母子に見える田中裕子&満島ひかりなど、
名優を揃えて画は見応えあるが、それだけ。

中身はあまり好きじゃない。


希望を散りばめた応援ドラマにしてほしかったな。



演出:水田伸生

出演:満島ひかり、
   鈴木梨央、髙橋來、
   小栗旬、
   谷村美月、三浦貴大、
   臼田あさ美、
   二階堂ふみ、
   小林薫、田中裕子 ほか

放送:日本テレビ 2013年7月3日 〜 9月11日

公式サイト 



・・初回 






B00EXJ5QE4Woman Blu-ray BOX
バップ 2014-01-22

by G-Tools

B00EXJ3ANSWoman DVD BOX
バップ 2014-01-22

by G-Tools



B00DH7P3TG日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック
音楽:三宅一徳
バップ 2013-08-20

by G-Tools

B00DI4RX1OVoice(初回盤)
androp
ワーナーミュージック・ジャパン 2013-08-20

by G-Tools






 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(夏ドラマ(2013)の記事
 半沢直樹 (2013-09-22 22:47)
 スターマン★この星の恋 (2013-09-11 10:53)
 スターマン★この星の恋 (2013-07-24 10:49)
 斉藤さん2 (2013-07-14 10:28)
 スターマン・この星の恋 (2013-07-10 11:00)
 SUMMER NUDE (2013-07-09 10:34)

この記事へのトラックバック

日テレ『Woman』(公式)
第11話 最終回『こどもたちのこどもたちへ』の感想。




暗いドラマが嫌いとか、そう言う話で無く…


最終回までの総括で。厳しき環境下で寄り添い生き...
Woman (第11話 最終回・9/11) 感想【ディレクターの目線blog@FC2】at 2013年09月12日 11:19
伝えてください。
「検査、受けてくれてありがとう」
「手術の時はよろしくお願いします」。

私の妹に伝えてください。

「あなたのおかげで生きられる」。
「あなたも生きてくだ...
【Woman】 第11話 最終回 と総括感想【ドラマ@見取り八段・実0段】at 2013年09月12日 11:48
『こどもたちのこどもたちへ』
Woman #11 最終回【ぐ~たらにっき】at 2013年09月12日 12:26
満島ひかりじゃないのか・・・小栗旬も捨てがたく、髙橋來とか三浦貴大もあって・・・もう・・・笑いながらひっくりかえった澤村先生(高橋一生)が世界の中心にいたかなって思いまして...
乾いた博物館と匂う動物園と試供品のワインと台風9号と永遠の絵日記とWoman(高橋一生)【キッドのブログinココログ】at 2013年09月12日 16:36
第11話「こどもたちのこどもたちへ」 2013年9月11日放送 栞(二階堂ふみ)が小春(満島ひかり)との骨髄適合検査を受け、その結果が出る当日。栞が夕方4時に病院で結果を聞くことになっ...
Woman 第11話(最終話)【ドラマハンティングP2G】at 2013年09月12日 17:06
ま〜どい〜せん〜♪(*´Д`)θ〜♪ラララ

エンディングは今までのシーンのおさらいっぽい感じだったけど、当初は
生活苦でどうなる事やらと思ってた青柳家に、こんな団らんの日々が訪れ...
Woman 最終話:こどもたちのこどもたちへ【あるがまま・・・】at 2013年09月12日 23:54
生きる意味とは--------------!!?





最終回でも、この作品の流れは変わらない。

なんだろうなぁ。
本当この作品の中で流れる時間は緩やかだ。




望海のものなのに、お母さんがよく使...
ドラマ「Woman」 第11話(最終回) あらすじ感想「こどもたちのこどもたちへ」【★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★】at 2013年09月13日 00:22
 ストーリーはオーソドックスなんですが、語り口が上手いんですよね。
 たとえば、栞(二階堂ふみ)が骨髄移植のドナーとして適合したシーン。
 せりふはなくて映像だけで描かれる...
Woman 最終回〜人生は思い出の積み重ね【平成エンタメ研究所】at 2013年09月13日 08:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。