AKIRAのドラマノート › 2013年 › 八重の桜(第32回)

2013年08月12日

八重の桜(第32回)

第32回『兄の見取り図』

賢さと本能は別物なんやなぁ。


ま、それはともかく、
覚馬の後妻、時栄を前に、八重たちは落ち着かない。
特にみねはうらから離れていきなり新しいお母さん、そりゃ戸惑うよ。

覚馬このやろー

時栄のふくよかな胸を借りて泣いたみねはスッキリ。
家族そろって笑顔の食卓。
良がったなし。
ところが覚馬の使命を帯びて八重は家を出る。
家族団らん短かっ

かつて会津藩が戦った場所で、
八重に話す覚馬が目指す新しい国のあり方。京都、いや日本の再建。
新しい時代の始まりを予感させる高揚感。

カッコいいぞこのやろー

憎み合いでは無く、
知識を深める事で理解度を高め、視野を広げる。
柔軟で前向きな歩みこそ未来の礎。
ワクワク。

そして、通訳キタ―――(゚∀゚)――!!!ー

新島襄がようやく存在感を現し始めた。


留学生の山川(大山)捨松も優秀な人なんやね。
ググったら八重に劣らないスゴい経歴!


『八重の桜』
いよいよ八重さんウェイトが大きくなり面白くなってきた。



放送:NHK 2013年8月11日


 初回 第2回 第5回 最終回





4149233632八重の桜 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
NHK出版 2013-05-30

by G-Tools

4149108382NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 八重の桜 (NHKシリーズ)
NHK出版
NHK出版 2012-12-20

by G-Tools

明治の女子留学生―最初に海を渡った五人の少女 (平凡社新書)
明治の女子留学生―最初に海を渡った五人の少女 (平凡社新書)寺沢 龍

平凡社 2009-01
売り上げランキング : 71657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
鹿鳴館の貴婦人 大山捨松―日本初の女子留学生 (中公文庫)
物語 幕末を生きた女101人 (新人物文庫)
山川家の兄弟―浩と健次郎 (人物文庫)
津田梅子 (Century Books―人と思想)
情愛: 大山巌夫人伝 (光文社時代小説文庫)





 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(2013年)の記事画像
あまちゃん(20週
同じカテゴリー(2013年)の記事
 あまちゃん(紅白 (2014-01-02 12:41)
 八重の桜 (2013-12-16 11:21)
 SPEC〜零〜 (2013-10-24 10:37)
 あまちゃん(終 (2013-09-28 11:00)
 あまちゃん(25週 (2013-09-21 09:56)
 あまちゃん(24週 (2013-09-14 11:07)

この記事へのトラックバック

京都の覚馬(西島秀俊)が暮らす家で、八重(綾瀬はるか)・佐久(風吹ジュン)・みね
(池田沙弥花)が同居する初めての朝。
台所を手伝おうとする八重だが、時栄(谷村美月)の段...
【八重の桜】第32回 「兄の見取り図」感想【ドラマ@見取り八段・実0段】at 2013年08月12日 11:26
 覚馬(西島秀俊)のいくさ。
 それは京都に<文明の町>をつくることだった。
 京都については「会津が命がけで守った場所」とも発言。
 覚馬にとって京都は<第二の会津>だった...
八重の桜 第32回「兄の見取り図」〜「これからは学問がお前の武器だ」【平成エンタメ研究所】at 2013年08月12日 11:34
 ドラマ冒頭、京都での新生活での時栄と八重たちの対峙シーン(時栄の段取りの良さ、うらを蔑ろにされたみねの気持ち)など、姑・嫁・小姑入り乱れた『渡る世間は鬼ばかり』のような...
『八重の桜』 第32話 「兄の見取り図」【英の放電日記】at 2013年08月12日 13:26
公式サイト 京都の覚馬(西島秀俊)の家に暮らすようになった八重(綾瀬はるか)と佐
八重の桜 第32回「兄の見取り図」【昼寝の時間】at 2013年08月12日 13:59
☆ 山本時栄 八重が追い出すはずの時栄がよく気のつく出来たヨメだったのが上品だと思いました。 八重上げのために悪女に描くことも出来たはずなので。 ただみねの表情を見てる...
八重の桜 第32回 「兄の見取り図」【青いblog】at 2013年08月12日 19:12
いよいよ京都編が本格始動。さてさて八重様の京都での活躍やいかに~~・・・んだけんじょ、もう鉄砲撃つわけにはいかねえよ?今さら米俵担いだって誰も感心しちゃあくんねえよ?何を...
NHK大河ドラマ「八重の桜」第32回「兄の見取り図」【真田のよもやま話】at 2013年08月12日 19:31

『兄の見取り図』

内容
覚馬(西島秀俊)に招かれ、
京都にやってきた八重(綾瀬はるか)、佐久(風吹ジュン)みね(池田沙弥花)
八重たちは、妻・時栄(谷村美月)に困惑するが、
...
八重の桜 第32回 兄の見取り図【レベル999のgoo部屋】at 2013年08月12日 20:55
京都に来た八重たちが、初めての朝を迎えますが、すでに仕度は 時栄が済ませています。それが面白くない八重と、時栄の間に、静かなバトルが・・・幼いみねは、母親恋しさに 泣きなが...
八重の桜 第32回 「兄の見取り図」 銃のかわりに書を開こう【風のうわさ】at 2013年08月12日 21:16
ここは京都----------!!





いよいよ今回から京都編開幕。

一気に八重の新しく進む道が決まりました。

戦いの場は学問へ----------。




覚馬との再会を果たし、安心してしまったか、寝坊...
大河ドラマ「八重の桜」 第32話 あらすじ感想「兄の見取り図」【★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★】at 2013年08月12日 22:03
第三十一話「離縁のわけ」はこちら。 前回の視聴率は予想以上にアップしていて15.
八重の桜~第三十二話「兄の見取り図」【事務職員へのこの1冊】at 2013年08月13日 12:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。