AKIRAのドラマノート › 2013年 › 小暮写眞館

2013年04月22日

小暮写眞館

アットホーム・ヒューマンドラマ。思わず(´;ω;`)ブワッ

初回『幽霊が出る写真館』

・押し隠した悲しみの発露。


2話『飛べないカモメ』

・メッセージに気付く人はいるよ。


3話『縁側の涙』
・寄り添う強い気持ち。念写。


最終話『対岸の光』
・前を向くための記念撮影。



宮部みゆき原作小説をドラマ化。(全4回)


"かつて写真館だった所に引っ越してきた花菱家。
長男の英一がひょんな事から心霊写真と思しき写真を解明。
そこから次々と依頼が舞い込むようになる"


解決に至る道筋の6〜7割くらいは不動産屋さんのおかげでも、
残りの肝心な所は主人公、
花ちゃん英一(神木隆之介)の人柄によるところが大きい。

スマホを持っていない点に、
周りに流されない独自性を感じて好印象。

勇気を出した納骨式の啖呵に拍手!


神木君ええわぁ。
穏やかで優しい声が良いね。

『桐島、部活やめるってよ』に続いて高校生役。
 まだまだいける!


幼馴染の親友、店子力(たなこつとむ:通称テンコ)も良かった!


音楽で雰囲気を作りすぎな部分もあったけれど、
心霊写真を通して社会体験する英一の成長記&花菱家の再生が、
あたたかく見守る目線で描かれており共感。

誠心誠意、葛藤する家族の姿に涙じんわり。

悲しい傷は消えない。
抱えて生きていかなければいけない。

でもサポーターは必ずそばにいる。


歩き出した彼らにエール!


小暮さんと風子の2ショットに感涙。



演出:熊坂出、守屋健太郎

出演:神木隆之介、
   成海璃子、
   加部亜門,堀井新太,
   笹野高史,
   松下由樹、石黒賢 ほか

放送:NHK BSプレミアム 2013年3月31日 〜 4月21日


・・原作レビュー





4062162229小暮写眞館 (書き下ろし100冊)
宮部 みゆき
講談社 2010-05-14

by G-Tools





 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(2013年)の記事画像
あまちゃん(20週
同じカテゴリー(2013年)の記事
 あまちゃん(紅白 (2014-01-02 12:41)
 八重の桜 (2013-12-16 11:21)
 SPEC〜零〜 (2013-10-24 10:37)
 あまちゃん(終 (2013-09-28 11:00)
 あまちゃん(25週 (2013-09-21 09:56)
 あまちゃん(24週 (2013-09-14 11:07)

この記事へのトラックバック
宮部みゆき 著 
小暮写眞館【Akira's VOICE】at 2013年04月22日 10:40

『対岸の光』

内容
突然、弟・光(加部亜門)が姿を消した。
英一(神木隆之介)が店子(堀井新太)と必死になって捜し回るが見つからない。
そんなとき、とある霊園から店子へと電話...
プレミアムドラマ『小暮写眞館』第4回(最終回) 【レベル999のgoo部屋】at 2013年04月22日 17:53
 う〜ん・・・・順子の問題がえらくあっさり片付けられちゃったなぁ・・
なんか、もう、ひと旨み欲しかったような気もする。ま、いいけどさ・・・

 さて、ピカちゃん(加部亜 ...
「小暮写真館」 第四回(最終回) 対岸の光【トリ猫家族】at 2013年04月22日 19:57
「あんたは悪くない」って言ってほしい?

言ったところで、あの時ああしてればって考えるのは一生変わんないでしょ。

私はあんたの妹を知らない。
けど、
あんたの家族を見てれば...
【小暮写眞館】NHKBSプレミアムドラマ 第4話(最終回) 感想【ドラマ@見取り八段・実0段】at 2013年04月28日 03:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。