AKIRAのドラマノート › 2012年 › 『SHERLOCK (シャーロック)』

2012年08月06日

『SHERLOCK (シャーロック)』

第1&第2シーズン。

『シャーロック・ホームズ』を
21世紀のイギリスに置き換えたイギリスBBC製作のドラマ。


テレビ NHK BSプレミアムにて。


第1シーズン

第1話:自殺じゃない。

第2話:密輸NO!

第3話:なんちゅう息を呑む締め!


"自称「コンサルタント探偵」と元軍医が,
スマートフォンやインターネットを駆使して事件を解決"

ここに惹かれて見たが,
そこまで駆使はしていない印象。

やっぱり知恵で紐解いていた。


優れた観察眼を武器に頭脳明晰なホームズが,
推理が進むにつれ頭脳活性化していき行動的になる様子が面白い。

画面にヒントやキーワードを映し出して,
見る者の好奇心を刺激する画作りが巧い。

軽妙な編集も相まって高い満足度を得られる。


まさかの青年だった宿敵モリアーティとの対決の行方が気になる。



第2シーズン


「ベルグレービアの醜聞」
・アイリーンと大家さんが最高!
 着メロ笑った。

「バスカヴィルの犬(ハウンド)」
・スリル,ショック,サスペンス!
 抜群の構成。

「ライヘンバッハ・ヒーロー」
・モリーちゃん,ええ子や。
卑怯な悪人モリアーティとの頭脳戦が緊迫!
決着,覚悟,失意・・・ちょ,種明かしは持ち越しかいな!



全3話あっという間。

第1シーズンより面白くなっていた!!


対抗意識が見えるロバート・ダウニー・Jr.主演映画より,
楽しさと満足度は上をいっている。


画面の情報量が多くて片時も目が離せない。


古典を現代に置き換えたからって派手にせず,
イギリスならではの紳士ムードを貫き,
落ち着いて見ていられるところが良い。


なにより,
シャーロックを演じるベネディクト・カンバーバッチの,
悪戯っ子のような無邪気が魅力的。

優れた観察眼からくる高慢を,
ときに諭し,
ときに宥める保護者なワトソンとの息の合ったコンビが素晴らしい。

二人は時折,孤独を垣間見せる。

だからこその相乗効果,
互いに輝きあえる関係が浮かび上がる。


友情を育みつつ難事件を華麗に解決していく構成にワクワク。


シリーズ3の製作も決まったとか。

2013年の予定。

 待ち遠しいっ



 公式サイト







B007ND97BASHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]
角川書店 2012-07-06

by G-Tools

B007ND97AQSHERLOCK / シャーロック [DVD]
角川書店 2012-07-06

by G-Tools



B008GX4P2MSHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
角川書店 2012-10-05

by G-Tools

B008GX4OKKSHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD]
角川書店 2012-10-05

by G-Tools





 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(2012年)の記事
 純と愛 (2012-10-06 11:02)
 踊る大捜査線 THE LAST TV (2012-09-02 11:07)
 梅ちゃん先生 (2012-04-07 11:07)
 SPEC〜翔〜 (2012-04-02 10:57)
 カーネーション(終) (2012-03-31 12:02)
 相棒ten (2012-03-22 10:28)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。