2011年10月27日

相棒ten

第2話「逃げ水」の感想 

人間は様々。
弁護士も様々。

言葉に出す「平気」は平気ではない。

悪知恵を付けやがって誠也・・・。


殺されても仕方ないな
と思わせる描きかたはどうかと思うけども,
誠意と謝罪のねじれが生む悲劇を
「それでも,生きてゆく」
を「相棒」ならこう描くとばかりに,
硬派に伝え見応えがあった。


目先のネタにばかり飛び付く
マスコミにも責任があるよなぁ。


瀬田さんと右京,
それぞれの正義が印象的。



渡哲也さんは,
Season7 元日スペシャル(2009年)以来のゲスト出演!

相棒の本流にも関わってくる
主要キャラに格上げしてほしいな。



放送:テレビ朝日 2011年10月26日

公式サイト 


初回 5話 元日SP 最終回



 タグ検索: "レビュー"などなど
 
同じカテゴリー(秋ドラマ(2011)の記事
 相棒ten (2012-01-02 10:47)
 妖怪人間ベム (2011-12-25 11:02)
 家政婦のミタ (2011-12-22 10:56)
 南極大陸 (2011-12-19 10:24)
 専業主婦探偵 私はシャドウ (2011-12-17 10:37)
 家政婦のミタ (2011-12-15 10:52)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。